2024.03.10

Rie Nemoto
第8回定期演奏会
言葉をもたない歌
*sold out

昨季に引き続きお迎えしているRie Nemotoさんの定期演奏会の8回目。
日々の傍らにある出来事や気持ちを丁寧に掬い取って作品に仕立てながら、弦楽四重奏団員として、また数々のアーティストが頼りにするサポートメンバーとしても活躍する彼女。その幅広い在り方は、音楽と聴衆、仲間と自身に対する真摯で温かく根気のある態度に由来し、そのことが新たな音の響きや重ね色を紡ぎ出しているのではないでしょうか。

今回はシンガーソングライターでピアニストの森ゆにさんをゲストにお迎えし、Rie Nemoto作品、森ゆに作品、クラシックからはメンデルスゾーン作品などの取り合わせでお送りいたします。


日時
2024年3月10日(日)
17時開演(16時開場)
場所
sansa
東京都港区赤坂2-20-19
赤坂菅井ビル1F
出演
Rie Nemoto
ゲスト
森ゆに
プログラム
Rie Nemoto作品
森ゆに作品
メンデルスゾーン「無言歌集」より
ほか
ホワイエ
開演前、休憩中、終演後にご利用いただけます(ご予約不要)。
ホワイエとは、劇場やホールなどの施設で開演前後や幕間に飲食物が供される休憩・歓談のためのスペース。
ゆっくりお寛ぎください。
チケット
5,000円(税込)
1drink、プログラムノート付。
主催
白読

Artist Profile

Rie Nemoto|根本理恵
茨城県水戸市出身。
ピアノ教師である母の手ほどきを受け、4歳よりピアノを、6歳よりヴァイオリンを始める。高校1年時に合唱との出会いがあり、音楽観が一変する。日本大学藝術学部音楽学科ヴァイオリン専攻卒業。岩井俊二プロデュースのラジオドラマ(SEEDS OF MOVIES)「虹の女神」「東京安息日」にて楽曲を提供。現在、ジャンルを問わずにアーティストのサポート演奏、コニカミノルタプラネタリウム天空にて弦楽四重奏の生演奏×映像のコラボ公演『LIVE in the DARK -w/Quartet-』に毎週出演、スタジオ録音、TV収録等、幅広いジャンルで演奏活動を行うとともに、後進の指導にもあたる。ヴィオラ、コーラス、作編曲も積極的に行う。ソロ活動のほか、太田美帆、小松陽子とのトリオadagioや弦楽四重奏Kokon Quartetのメンバーとしても活動。
1st solo album 『小さな灯りと鉛筆で描いた線と』を2021年にリリース。



森ゆに
シンガーソングライター・ピアニスト。
バンド活動を経て2009年よりソロ活動を開始。幼少期に学んだクラシック音楽や教会音楽に創作のヒントを得る。2024年1月、5作目のオリジナルアルバム「solitary」を発表。シューベルトのリートを弾き語りにておさめた「シューベルト歌曲集」を2012年に制作。