2022.05.29

Rie Nemoto
第2回 定期演奏会
言葉をもたない歌
sold out

彼女は、見えないものを感じた時、記録する。
雨の匂いや風のざわめき。
身近なものへの慈しみや遠くのものへの祈り。
小さな気持ちの揺れ。
そこから旋律が生まれ、リズムが刻まれ、色彩を持った音化してゆく。

温かくそれでいて静かな情熱を孕む眼差しを感じる彼女の定期演奏会の2回目です。

今回はオリジナル楽曲や新曲に加え、ゲストギタリストの新野英之氏をお迎えしタンゴ界の革命者ピアソラの楽曲をお届けいたします。

クラシック音楽を背景に持つ彼女が、かつて向き合ってきたタンゴの世界。ヴァイオリンの音色に乗せて放たれる、今の彼女の目に映る色彩をぜひお感じください。

日時
2022年5月29日(日)
17時開演
場所
sansa
東京都港区赤坂2-20-19
赤坂菅井ビル1F
プログラム
KIRO

夏の高い空
A.ピアソラ タンゴの歴史より
・Bordel-1900
・Cafe-1930
・Nightclub 1960
A.ピアソラ 忘却
A.ピアソラ アヴェマリア
A.ピアソラ リベルタンゴ
ほか
extras
音楽会に合わせてセレクトした一杯のワインorお茶、プログラムノート付。
ホワイエ
終演後は、会場にてお酒やお食事をお召し上がりいただけます。
余韻を愉しむためのホワイエとしてお気軽にご利用ください。
7名様限定、ご予約制となります。
ticket
5,000円(税込)
お問い合わせフォームかh@hakudoku.jpまで下記を添えてお申し込みください。
①公演名
②お名前
③人数
④お電話番号
主催
白読

Artist Profile

Rie Nemoto / 根本理恵
茨城県水戸市出身。
ピアノ教師である母の手ほどきを受け、4歳よりピアノを、6歳よりヴァイオリンを始める。
高校1年時に合唱との出会いがあり、音楽観が一変する。
日本大学藝術学部音楽学科ヴァイオリン専攻卒業。
岩井俊二プロデュースのラジオドラマ(SEEDS OF MOVIES)「虹の女神」「東京安息日」にて楽曲を提供。
現在、ジャンルを問わずにアーティストのサポート演奏、コニカミノルタプラネタリウム天空にて弦楽四重奏の生演奏×映像のコラボ公演『LIVE in the DARK -w/Quartet-』に毎週出演、スタジオ録音、TV収録等、幅広いジャンルで演奏活動を行うとともに、後進の指導にもあたる。
ヴィオラ、コーラス、作編曲も積極的に行う。ソロ活動のほか、太田美帆、小松陽子とのトリオadagioや弦楽四重奏Kokon Quartetのメンバーとしても活動。
1st solo album 『小さな灯りと鉛筆で描いた線と』を2021年にリリース。
http://rienemoto.com
Instagram @rie_nemoto_


ゲストギタリスト
新野英之
日本大学芸術学部音楽学科卒業、洗足学園音楽大学大学院修士課程器楽専攻修了。
クラシックギターを原善伸、鈴木大介、藤井眞吾の各氏、フラメンコギターを今田央氏、リュートを金子浩氏に師事する。ドイツヴァイカースハイム国際音楽祭('05年、'08年)、ドイツコブレンツ国際ギターフェスティバル('17年)に参加。これまでにR.アウセル、P.シュタイドル、R.ヴィアゾフスキー、佐々木忠、W.カネンカイザー、R.ガジェン、S.テナント、T=M.ペリング、P.ガルブレイス、M.メローニ、D.ラッセル、J.ペロワのマスタークラス受講。
現在、ソロ、ギターや他の楽器とのアンサンブルなど各地で演奏活動を行っている。また、楽器店や教室等で指導を務める。 身近に生の音楽をお届けする演奏家グループ「ムジカ・リヴレ」メンバー。Youtubeをはじめ、InstagramやTwitter各SNSで演奏動画やレッスン動画を公開中。
https://hidecg.com/