2022.01.30

太田美帆
第1回 定期演奏会
汎なるものたち
sold out

幼い頃から聖歌隊の一員として、長く歌い継がれて来た音楽に先入観なき小さき者の純粋性をもって触れて来た音楽家の太田美帆さん。
グレゴリオ聖歌からはじまる西洋の音楽の系譜を軸にしながら、型にはまることなくそのときの自分の声と音で表現をしてきた彼女。人を思うがゆえに感じる痛みを伴う野性味と、静かな洗練性が調和する存在感。
風が吹き、ひとつの木から花びらが散り、それがいっぱいに広がるような汎(あふ)れる彼女の音楽を白読しにいらしてください。
隔月の定期演奏会にて全6回のシリーズ、各回、菅原悳さんによる一輪の花活けとともにお届けします。

日時
2022年1月30日(日)
16:00開場 17:00開演
会場
sansa
東京都港区赤坂2-20-19 菅井ビル1F
program
グレゴリオ聖歌集
Caro mio ben
Ombra mai fù
Ave Maria
太田美帆オリジナル楽曲
沈黙
 ほか
option
・音楽会に合わせてセレクトした一杯のナチュラルワインorお茶、プログラムノート付。
・終演後は会場にてお酒やお食事をご注文いただけます。余韻を愉しむためのホワイエとしてお気軽にご利用ください。お食事は終演後のみのご提供、ご予約制となります。
主催
白読

Artist Profile

太田美帆
1978年東京出身。8歳で出逢った「聖歌」に心揺さぶられ音楽家を志す。福岡のギャラリー『うつしき』より、「共鳴」「嬉々」2枚のアルバムをリリースするが、甲状腺癌により一時的に声を失う。このことがキッカケで表現の軸を原点である'合唱'と定めた。聖歌隊CANTUS主宰。クラシック音楽ユニット'adagio'としても活動中。クラシックギタリストPaniyoloとのデュオアルバム「空と花」1月29日リリース予定。一男一女のシングルマザー。クリスチャン。
Instagram
https://instagram.com/ura.cantus?utm_medium=copy_link


花/菅原悳
1982年東京都出身。
幼少よりいけばなを慣い2012年に独立。花の仕事を生業とする。主たる活動は花や千差万別の植物を使用した空間の設え。他、㳸と銘した生花の生々しさを保ったドライフラワーの制作。台東区浅草橋を所在とする"白日"で販売している。
Instagram
https://instagram.com/_is.amber?utm_medium=copy_link


写真/鈴木達也
1996年三重県出身。
制限ある精神的な視点や考えを自由に解釈し、自分軸の満足ある表現を求めながら、身近にある普遍的な自然物から想像・想いを言葉集と写真と共に創造。
好きな言葉は、「自然はそれを愛するものの心を裏切ることは決してない」。
Instagram
https://instagram.com/suzuki_l8?utm_medium=copy_link